WHAT'S SEPATAKRAW

競技説明・歴史・用具

概要・特徴

セパタクローの「セパ」はマレー語で「蹴る」、

「タクロー」はタイ語で「(藤で編んだ)ボール」と云う意味で、

セパタクローは2つの言葉の合成語であり、

言葉が示すように、ネットをはさんで足や腿または頭を使って

ボールを相手コートに返しあう競技でバレーボールに似たゲームである。

img-sepa01

【動画提供】国際機関 日本アセアンセンター

歴史

セパタクローのルーツは、

9世紀の昔から東南アジアの各国各地で伝えられてきた伝統スポーツである。

1965年

東南アジア競技大会(現在SEA Games)の競技種目に採用された際、

アジアセパタクロー連盟が設立され、統一ルールが作られた。

1988年

国際セパタクロー連盟が設立されて、その活動はアジアだけでなく、

南、北アメリカ、オセアニア、ヨーロッパ大陸にと、世界的な広がりを見せてきている。

1990年 北京で開催された第11回アジア大会の正式種目となる。
1997年 女子種目が新たに世界選手権大会に加わった。
1998年 アジア競技大会の正式種目に女子種目が加わった。
img-sepa02

用具

ボールは12の穴と20の交点を持つよう編み重ねた球形のもので、プラスチックで作られています。ボールの円周は、男子用が0.41m~0.43m、女子用では0.42m~0.44mとなっています。重量は、男子が170g~180g、女子用が150g~160gとなっています。

img-sepa03
※以前は、藤で編んだボールでした